名古屋市中区丸の内のカジュアルワインと楽園料理 「葡萄畑 ハノハノ」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
ハワイ日系移民の服飾史


なーんだ!

パラカチェックって

かすりが原型だったんだ。

びっくりしたなぁもう。
20:44 Books comments(0) trackbacks(0)
まぼろしハワイ


「まぼろしハワイ」よしもとばなな

なんでもないハワイの景色やフラというものに対して

私がそこはかとなく感じていて、でも言葉にでき得ない形容を

いとも簡単に正確に、しかもその目に見えない部分までを

うつくしい日本語でつむいでいるのであり

あ、そうそう!まさにそうなんだよ、そんな表現がぴったりなんだ、と

膝ポンってし過ぎて青アザになってしまったほどである。
18:41 Books comments(0) trackbacks(0)
疑似ハワイ


「山下マヌーのお値打ちハワイ ハイパー版」
読んでるだけで疑似ハワイである。
ホテルのラナイで、さて、今日は何しようかな
なんて雰囲気で本を開いている気になる。
気持ちがゆったりしてしまうから
不思議である。
ハワイで贅沢気分をお値打ちに味わいたい
そんな人にはお薦めの本である。
挿絵も味わいがあってたのしい。
敷居の高い場所ですら、こんな使い方をすれば
めっちゃリーズナブル!
そういうお手本だが、情報は少し古い。
ま、いかに応用するか、でもある。
00:00 Books comments(0) trackbacks(0)
多神教のDNA


「フラのある生活」杉原祥子を読んだ。
左から読むスタイルで横書きである。
なんとも違和感があったが、泣けた。
聖地カホオラヴェ島を訪ねるくだりでは
涙がポロポロ出てしまったのである。
ご存知のようにフラってのは
神に捧げる手話である。
それを敬虔に受けとめる真摯なすがたは
まるで修行僧であり、祭り(祀り)を
連想させられ、その想いにしてやられるのだ。

ライトな感覚でフラを踊る人もそうでない人も
「美しい」と感じてしまうのはやはり「祀り」なのだから
同じ多神教のDNAを持つ日本人にとっては
至極当たり前の事なのかも知れない。
00:00 Books comments(0) trackbacks(0)
ハワイを極める50の法則


『本田直之のハワイを極める50の法則』
経営コンサルの書くガイドブックっつーか
その視線でのハワイってどんなんだろ、と
興味津々で買ってみたが意外に普通だった。
でも、いくつか思ってもみなかった情報や
ハワイでは満月から数えて7〜11日後だけ
クラゲが出る、など普通のガイドブックや
雑誌のハワイ特集にはない情報が満載で
どうでもいい人には意味はないが、その
目的によってはおいしい情報もある。

食の好みは私と似通っているので
紹介されているお店で行った事のない店は
いくつか気になっている。じゅるっ。
Big Mahalo!
00:00 Books comments(0) trackbacks(0)
潮の香り


「Hawaii Book」なる本を購入。
バッグに入れていたのだが
その日は、スーパーで牡蠣を仕入れ。
店に着いてバッグを見たら
牡蠣の袋が破裂して穴が開いて
あらら、水浸しである。
おかげでこの本も潮の香り満載であり
よく考えたらハワイで磯の匂いは
まるでしないのだが、完璧に海仕様だ。
とはいうものの牡蠣は苦手で食べられない
残念な私なのである。
せっかくの美しい写真もふにゃふにゃだ。

インターネットラジオを聴きながら読むとかなりいい感じだ。
お気に入りはAM放送。
http://am940hawaii.com/
「Listen Live」をクリックするだけでハワイ気分。
古いレコードだと針の音も混じるところがなんとも言えぬ魅力だ。
00:00 Books comments(0) trackbacks(0)
血中ハワイ濃度が高まる

『ハワイで聞いた心にひびくALOHAな話15』
山下マヌー (著)
ハワイ好きであろうとなかろうと
お薦めできる本である。
Aloha ってのは「こんにちは」「さようなら」
「ありがとう」「愛してます」など
さまざまな意味があり、本のタイトルを
今風に言えば、ハワイにまつわる15個の
深イイ話と言い換えても良いだろう。

若い頃の私がハワイに興味を持てなかったのは
文化の匂いがしなかったからなのだが
40代に入り、初めて訪れたその地は
日本の文化や宗教観ととてもよく似た
感性や歴史があり、あっという間に
この世でいちばん大好きな場所のひとつとなった。

つまり、文化の匂いがしないなんて
完全なる偏見であり誤解だったのである。

所詮旅行者の目なので、あばたもえくぼに
見えている部分もあるのかもしれないが
こういう本を読むと、ハワイの持つ魅力を
再確認できるとともに、人として
どんな生き方をしたいのかを
まじめに考える時間を与えてくれるから素敵だ。

血中ハワイ濃度が高まるとともに、ゆったり
人生を見つめ直すことのできる極上のひまつぶし本。
00:00 Books comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
SPONSORED LINK